沿革

激動の昭和・平成を乗り越えて(沿革)

1954年(昭和29年)~

1954年(昭和29年)12月から1973年(昭和48年)11月までの約19年間、この間には「神武景気」や「岩戸景気」、「いざなぎ景気」と呼ばれる高度経済成長期だった。

1958年(昭和33年)

資本金1,000,000円にて盛一産業株式会社として東京都文京区に設立

1962年(昭和37年)

ホテルオークラの新設に当たり、そのご指導によりホテル用各ワゴン類を納入。
以後各ホテルに特殊ワゴン移動ステージ・宴会テーブル等を作成し納入する。

1960年代前半

東京都に次々と首都高速道路が開通し始める。

1964年(昭和39年)

10月1日に、東京オリンピックの開催に合わせて東海道新幹線が開業した。

1965年(昭和40年)

東京オリンピック開催に伴い、東京プリンス・ホテルニューオータニ・関東逓信病院などに対しランドリー機材およびホテルワゴン等を納入する。

1969年(昭和44年)

本年より3回に渡り増資を行う。

1970年(昭和45年)

日本万国博覧会が開催される。

1973年(昭和48年)~

1973年(第1次)と1979年(第2次)に始まったオイルショックで、原油の供給逼迫および原油価格は高騰し、それによる世界の経済混乱が起きた。

1978年(昭和53年)

英国ポリマーク社・米国サザンミルズ社の日本代理店に。

1980年代後半~

異常な好景気(バブル景気)は、実体経済との大きな乖離を生じ崩壊、その後の10年の間に経営の建て直しが出来なくなってきた数多くの企業が倒産、または欧米系外資に買収されたりもした。(バブルの崩壊=失われた10年)

1983年(昭和58年)

事務所を文京区音羽1-5-15に移転。

1987年(昭和62年)

工場の増設(一部を3階建)

1991年 (平成 3年)

倉庫(埼玉県戸田市)を改築

2006年(平成18年)

社名を株式会社モリイチに変更。鉄工所(埼玉県入間郡)を新設。東京都練馬区豊玉北に事務所および工場を移転

2010年(平成22年)

倉庫(埼玉県戸田市)を新築

2018年(平成30年)

新入社員3名を迎えて創業60周年を迎えました。